ソーシャルメディア利用規約

ソーシャルメディア利用規約


■第1条 ソーシャルメディア利用規約の適用範囲

天狗缶詰株式会社(以下、当社という)のソーシャルメディア利用規約(以下、「本利用規約」という)は、当社が提供するソーシャルメディア及びそれに付随するサービス(以下、「本サービス」という。)について、利用登録手続を行ったか否かにかかわらず、ソーシャルメディアの利用者(以下、「利用者」という。)すべてに対し適用されます。 ただし、本利用規約と、当社がサービスを提供するソーシャルメディアサイト(以下、「本サイト」という。)で定められている規約や方針と内容が異なる場合については、各ソーシャルメディアサイトの規約等を優先して適用することとします。

■第2条 利用に際しての遵守・承諾事項

利用者は、本サービスの利用に際して、以下の事項を遵守及び承諾するものとします。
1)利用者が本サービスの利用(提出、投稿、掲載、表示、提供等の手段等により本サービスを利用する一切の行為をいい、単に閲覧するのみの行為を含む。以下、利用という)により、利用者が提出、投稿、掲載、表示、提供(以下、提供等という)した内容、コンテンツ、情報(以下、情報等という)により導かれる結果については利用者の自己責任であること。
2)利用者が提供等する一切の情報については、本サービスの利用者すべてがこれを閲覧できるものであること。
3)利用者が本サービスの利用により提供等した情報のうち、個人情報については、当社個人情報保護方針の適用を受けるものであること。
4)本サービスへのアクセスのために利用者が使用するパスワードの管理及びパスワードによる活動・行為等に基づき発生する責任については、利用者の自己責任であること。
5)利用者は、本サービスの利用に際し第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用においてかかる損害を賠償し、当社に一切の迷惑をかけることなく当該第三者との紛争を解決すること。
6)本サービスの利用に際し発生した利用者の損害について、かかる損害が当社の故意または重大な過失に起因する場合を除き、当社はいかなる責任も負わないこと。
7)利用者が本条及び次条に違反し当社に損害を与えた場合、当社は、当該利用者に対し、損害賠償を請求できること。
8)当社は、利用者が本利用規約のいずれかの条項に違反した場合、当該利用者に対し、事前に何ら通知することなく、利用者が本サイト上に提供等した情報等の削除、その他の必要な措置をとることができること。
9)当社は、本サービスにおいて利用者により提供等される情報等またはその他利用者以外の者により提供等される情報等について、その正確性、完全性、合法性その他を支持、表明または保証するものではないこと。また、本サービスを利用することにより、利用者が不快、有害、不正確または不適切な情報等と接する可能性があること、さらにはそれらに起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても当社は一切責任を負わないこと。
10)投稿されたコメントは、当社による公式見解ではないことを理解すること。

■第3条 利用に際しての禁止事項

利用者は、本サービスの利用に際し、以下の行為をしてはならないものとします。
1)当社、他の利用者または第三者の権利または財産を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為。
2)当社、他の利用者または第三者を誹謗中傷する行為、ならびにそれらの商品もしくはサービス等について誹謗中傷する行為。
3)他の利用者または第三者に対し、その氏名、電話番号、住所等の個人情報を掲載する等して、プライバシーを侵害する行為。
4)選挙運動またはこれらに類する行為。
5)特定の宗教または組織、団体等に関する布教活動または勧誘等の行為。
6)本サービスが提供する情報等を、その個人的な利用目的の範囲を超えて使用し、または複製する行為。なお、複製した情報等を第三者に対し、公開または使用する行為は、個人的な利用目的の範囲に含まない。
7)本サービスから得た情報等を営利目的に使用する行為。
8)当社、他の利用者、または第三者に不利益を与える行為。
9)公序良俗または法令に反する行為、またはそのおそれのある行為。
10)有害、わいせつ、暴力的な情報またはそれらの描写が含まれる情報を提供等する行為。
11)犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
12)悪質な行為、差別的な行為等、他の利用者または第三者が不快と思う可能性のある行為。
13)本サービスの運営を妨げる行為、または当社の信用を毀損する行為。
14)虚偽の個人情報により、または、なりすまし等により他人の情報を提供等する行為。
15)コンピュータのソフトウェアやハードウェア、または通信機器の機能を妨害、破壊、または制限するように設計された、ソフトウェア、ウィルス、もしくはその他のコンピュータのコード、ファイル、もしくはプログラムを含むコンテンツを送信し、または書き込む行為。
16)当社からの書面による事前の同意なしに、本サービスにおける著作権、商標、サービスマーク、商標名、ロゴおよび画像等をなんらかの形で活用する行為。
17)その他 当社が不適切であると判断する行為。

■第4条 知的財産権の取扱い

1.利用者は、本サービスの利用に際し、サイト上に掲載し、または当社に対して電子メール等で送信した全ての情報等の著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含む。)を、無償で当社に譲渡し、当社による当該情報等の利用に関して、著作者人格権を行使しないものとします。
2.利用者は、前項の情報等のうち著作権以外の知的財産権で保護されるものにつき、当社に対し、非限定的、譲渡可能、サブライセンス可能の、全世界を対象とした無償のライセンスを付与するものとします。
3.利用者は、本サービスを通じて入手したいかなる情報等について、個人的な範囲内における私的目的以外の目的で複製、頒布、出版、公衆送信等してはならないものとします。また、著作権法その他の知的財産権に関する法律で認められている範囲を超えて、本サービスにおける情報等を当社に無断で利用してはならないものとします。

■第5条 本利用規約の変更

当社は、本利用規約を、利用者の承諾を得ることなく変更することがあります。 この場合、変更した本利用規約は、当社ホームページ上に掲載した時点で効力を生じるものとし、効力発生後に利用者が本サービスを利用した時点で本利用規約の変更内容を承認したものとみなします。

付則
本利用規約は2013年(平成25年)07月23日より効力を有するものとします。

以上