製造設備

省エネ及びCO2削減への取り組み。
エネルギー使用の効率化を推進し、生産工程で発生する廃熱の有効利用(ボイラ水の加熱・暖房への利用)を進め、エネルギー使用及びCO2削減に取り組んでいます。
*エネルギー使用原単位を年間2%削減目標に活動(2011年実績:2.3%削減)
廃棄物への取り組み。
生産工程で発生する廃棄物の減量化及びリサイクル化(リサイクル率:70%)2014年度までにはリサイクル率を80%に引き上げ、食品残渣の飼料としての利用(養豚)及び肥料化をさらに進めるため、廃棄物業者と協力し取り組んでいます。
*三河工場にて製造するうずら卵製品については、紙、ガラス等やプラスチック廃材を除けば、派生する食品残渣はほぼ100%のリサイクルを実現しています。
うずら卵の殻、薄皮は乾燥させた後、肥料・化粧品・育毛剤の原料へと再利用しています。 工場から発生した廃水は、活性汚泥法により自社で浄化し、廃水基準を監視し定められた排水基準を遵守しながら廃水しています。